サイト内コンテンツ案内
ニキビ跡を簡単に治す方法と効果的な治し方
手軽に試すならこれ!ニキビ跡ケア化粧品ランキング
そもそもニキビ跡って何で出来るの?
ニキビ跡には市販薬は無意味って本当?
治療薬を使った赤みニキビ跡の治し方
その他ニキビ跡の簡単回復後押しケア

ニキビ跡 治し方 簡単 方法

/ニキビ跡を簡単に治す方法と効果的な治し方/
 なかなか消えない、治らないニキビ跡に悩んでいる人も少なくないと思います。もし簡単に、今すぐ治せてしまうそんな方法があったとしたら、飛びつきたくなりますよね?実際にそんな夢のような方法があるのでしょうか?最初に結論から言ってしまうと、今すぐにニキビ跡を消せて治せる方法は、存在しません(ごめんなさい)。ただ、その理由はハッキリしています。それは、ニキビ跡が消えるというのは、お肌の細胞が完全に生まれ変わることを意味します。
 お肌には元々、自然回復する機能が備わっていますが(お肌のターンオーバーと言います)、肌細胞の生まれ変わりはおよそ28日周期であることが医学的にも分かっています。最短でも約4週間かかる生まれ変わりが、1日、2日、3日で起こることはありません。ただ、これは裏を返せば、時間さえかければ、少しずつ良くすることは十分出来るとも言えます。

 

/お手軽で人気のニキビ跡ケア化粧品ランキング/
 ニキビを治したり、ニキビ跡を改善するには、お肌のターンオーバーを進めることが、どうしても必要になります。それには、毎日の洗顔と保湿、それに十分な睡眠も必要です。ターンオーバーは、夜寝ている間に最も強く働くと言われています。睡眠不足などは、特にお肌には大敵です。お肌を清潔にみずみずしい状態に保って、自然回復が進みやすい環境を整えてあげることが、最も簡単で、効果的な治し方です。ここでは、そんな毎日のケアで使えるニキビ跡ケア専用の化粧品を、安心して試せる値段の安い順にご紹介しています。洗顔と保湿の詳しいやり方を、詳しく解説してるページもありますので、参考にしてみてください!

ニキビ跡 治し方 簡単 市販薬

/そもそもニキビ跡って何で出来るの?/
 ニキビにはそれが治った後で、幾つかの特徴の違うニキビ跡が残ることがあります。まず一つ目は、赤い色が残る赤みタイプです。ニキビダメージによって、肌の奥の毛細血管が傷つけられて、赤い色素が出ている状態です。また、肌の奥でまだニキビの炎症が続いてる場合もあります。赤みタイプは、そのどちらかの見極めが大切になります。二つ目は色素沈着タイプです。これは、炎症が起きたときのダメージで出来てしまった、黒いメラニン色素が、肌表面に浮かび上がっている状態です。これを消すにはそう簡単ではなく、上でも紹介したお肌のターンオーバーが必要です。洗顔と保湿をこまめに続けて、睡眠をしっかり摂るようにしましょう。三つ目のクレータータイプは、他の二つよりも深刻なタイプで、肌奥の真皮層にまでダメージが及んでしまった状態です。完全治癒させるには、時間がかかり難しくなります。

 

/ニキビ跡には市販薬は無意味って本当?/
 ニキビ跡を治すのに、ニキビ専用の市販薬は使えるのか?を解説してみたいと思います。まず治療薬はニキビそのものの炎症(アクネ菌の繁殖)を止めるのを目的に使用されます。ですので、既に炎症が治まっている色素沈着のもの、クレータータイプのニキビ跡には、効果は期待できません。使用を考えられるのは、残った赤みタイプってことになりますね。ただ、赤みタイプの場合も、炎症がまだ続いてるものと、既に治まっているものと分かれますので、見極める必要があります。簡単な目安になるのは、時間の経過です。ニキビが出来て間もないようであれば、治療薬は効果が期待出来ますので、使って問題ありません。日ごろお肌を毎日チェックして、お肌の異変にすぐ気付くようにしておくことも大切なポイントです。

ニキビ跡 治し方 簡単 赤み

/治療薬を使った赤みニキビ跡の治し方/
 赤みタイプのニキビ跡を治す時の方法・やり方を伝えてみたいと思います。最初のニキビが出来てしまった時(炎症が始まった赤ニキビ)にも有効な方法なので、チェックしてみてください。治療薬は、市販されてる薬を使用します。代表的なものでは、ビフナイトやオロナイン軟膏が有名です。千円程度で購入出来ます。実際の使い方ですが、まず薬を塗る前に一度洗顔と保湿を念入りに行ってからにしてください。
 洗顔は泡で優しく包むように洗い、保湿は化粧水を使って、肌に直接手で塗りこみます。この時、強くゴシゴシしないようにしましょう。治療薬は清潔な指で、直接ニキビ部分に塗っていきます。その際、塗るのは夜寝る前を基本にして下さい。夏場は日差しによる薬焼けのリスクがありますし、寝ている間なら、ターンオーバーも働くので、薬の効果がより期待できます。

 

/その他ニキビ跡の簡単回復後押しケア/
 毎日の洗顔と保湿の他に、ちょっとした工夫を加えることで、回復効果がぐっと期待出来るコツをご紹介してみます。まず赤みタイプからです。炎症が治まったなら、今度は色素沈着が始まるのを食い止める必要があります。赤みは放置すると酸化して、茶色い褐色へ変色していきます。そのため、色素沈着を抑えてくれる美白効果のある化粧品やクリームや、ビタミンCを含んだ美容液などが有効です。ビタミンCにはメラニンを分解したり、抗酸化作用がありますので、色素沈着タイプでも利用できます。
 クレータータイプの場合では、まず失われてた水分を補給するのに、徹底した保湿をしてください。その上で、肌にフタをしてくれる乳液や、保水力を高めてくれるセラミド、お肌の膨らみやハリ弾力を作るコラーゲンなどが、有効です。どれも基本になるのは、やはりお肌のターンオーバーです。焦らず地道に洗顔と保湿のニキビケアを続けて、少しずつ治していきましょう。当然かもしれませんが、ニキビが出来なければ、ニキビ跡に悩むこともなくなります。新しい二キビを作らないような生活習慣(食事・睡眠)にも心がけ、お肌の健康にも注意していきましょう。