サイト内コンテンツ案内
ニキビ跡はもともと皮膚科で治すもの?
皮膚科医師も認めるニキビ跡ケア化粧品ランキング
ニキビ跡治療の皮膚科と美容外科の違いって?
美容外科でのレーザー治療について
ニキビ跡のタイプ別の治し方とは?
赤みニキビ跡とクレーター(凹み)ニキビ跡の治し方

ニキビ跡 治し方 皮膚科 薬

/ニキビ跡はもともと皮膚科で治すもの?/
 ニキビ跡は、皮膚炎のひとつでもあるニキビのダメージが、お肌に残ってしまう痕のことで、炎症による色素沈着や赤み、クレーターのような凹みなど、幾つか種類が分かれます。炎症がまだ治まっていないニキビ跡であれば、皮膚科を受診することも確かに必要ですが、跡を薄くして消していくのは、お肌のターンオーバー(肌細胞の自然な生まれ変わりのこと)が必要になりますので、お家でも良い肌環境を整えてキープ出来れば、少しずつ良くして行く事は十分可能です。赤ニキビの出来始めなど、市販の治療薬(ビフナイトやオロナインH軟膏)で、炎症を抑えて治すことも出来ますので、まずは自宅でケアを続けてみて、それでも改善が見込めない場合に、皮膚科病院での治療を考えてみましょう。

 

/皮膚科医師も認めるニキビ跡ケア化粧品ランキング/
 実は皮膚科の先生方も、セルフケアでお肌の状態を良い状態に保つ事が重要だと認めています。ニキビ跡についてもそれは同じで、毎日の洗顔と保湿、それから十分な睡眠や運動による体の代謝機能の向上などで、お肌のターンオーバーが進みやすい環境を整え、維持してあげることが、最も効果の期待出来る治し方です。ニキビが出来にくいお肌を保つことが、ニキビ跡を作らない一番の予防法とも言えます。こちらでは、そんな毎日のケアで使えるニキビ跡専用のケア化粧品を、価格の安い順でご紹介しています。気軽に試しやすいものが揃っていますが、他にも洗顔と保湿の詳しいやり方、ニキビの治し方を紹介しているページもあります。ぜひ毎日のケアの参考にしてみてください。

ニキビ跡 治し方 皮膚科 美容

/ニキビ跡治療の皮膚科と美容外科の違いって?/
 ニキビ跡治療で、美容外科だったり皮膚科での治療を考える方も少なくないと思います。ここでは具体的な治療法やかかる費用などについて、少しご紹介していきます。まず皮膚科の場合は、ステロイドなどの専用の治療薬を処方してもらえるのとは他に、ピーリング治療があります。これは、ニキビの元になる皮脂や角質を、薬剤で溶かし除去する治療法で、乱れて回復しにくくなってるお肌の環境を、一度リセットすることが狙いです。費用は大体1万円からです。ニキビとニキビ跡が混在してるような時には、まずニキビが出来やすくなってしまってるお肌の原因元を断つ必要がありますので、こちらを選びましょう。他にも、角質を除去する面ぽう圧出などの治療もあります。

 

/美容外科でのレーザー治療について/
 美容外科クリニックでの治療法についてです。レーザーによる治療が一般的で、色素沈着のシミや黒ずみの除去、クレーターやデコボコ肌の改善が期待出来ます。こちらは、何度か通院を重ねて、通院の度に施術を受けるような形になります。レーザーにも幾つか種類があり、どのレーザーを使うかでも、費用が変わります。費用は、安いものから1回の施術で1万円〜2万円程度です。治療期間が長くなれば、それだけ費用も高くなります。例えば、クレーター跡を本格的に治したいと思った時には、かなり費用も高額になり、最低でも3ヶ月から半年程度は、経過を見守る必要があります。
 レーザーの場合は、肌へかかる負担も大きく、ダウンタイムと呼ばれる回復期間には出血や痛みを伴うので、どのような経過をたどるのかなど、事前にしっかり情報を集めてから、慎重に決めてください。

ニキビ跡 治し方 皮膚科 クリニック

/ニキビ跡のタイプ別の治し方とは?/
 ニキビ跡を治す場合、美容外科クリニックでのレーザー治療だったり、皮膚科を受診するなどの方法がありますが、自宅でもケアをすることは出来ます。ニキビ跡には、見た目や状態によって種類が分かれて来ます。それぞれ、色素沈着タイプ(黒ずみ・茶色いシミ)赤みタイプクレータータイプなどです。これら3つのタイプでは、それぞれで必要になるケアや効果的な治し方がありますので、ニキビ跡の状態をよく知って、適切なケアを選ぶようにして下さい。
 まず、一つ目の色素沈着タイプについて。これは、既にニキビダメージによって、黒いメラニン色素が浮かび上がっている状態を指します。この場合は、とにかくお肌のターンオーバーを進めることが重要です。毎日こまめに洗顔と保湿、それから十分な睡眠を摂って、お肌の回復が進むような肌環境をキープしてください。夏場などは、強い紫外線を避けることも大切です。肌細胞の生まれ変わりがきちんと進めば、少しずつ目立たなく薄くなっていきます。

 

/赤みニキビ跡とクレーター(凹み)ニキビ跡の治し方/
 二つ目の赤みタイプについて。これはまず2つのコトが考えられます。炎症が肌の奥でまだ進んでいる状態か、炎症は治まって肌がうっ血している状態なのかの2つです。前者の場合であれば、ニキビ治療薬を塗ってまず炎症を止めることが先決です。後者の場合なら、赤い色素は時間が経つと、茶色や黒く変色(酸化)して色素沈着が始まってしまいますので、酸化するのを食い止めます。具体的には、美白効果が期待出来る化粧品を用いたり、ビタミンCを含んだ美容液を利用するなどが、考えられます。普段の洗顔と保湿にプラスアルファする形で、使ってください。
 三つ目のクレータータイプについては、まずしっかり保湿を行いましょう。ハリや弾力を生むコラーゲン、保水力を高めてくれるセラミドなどの利用も、お肌の回復で効果が期待できます。お家でのケアでも、お肌の環境をよくしてあげて、お肌の回復を後押ししてあげることは出来ます。焦らずじっくり地道に、毎日の洗顔と保湿のケアを続けてください。