サイト内コンテンツ案内
1.クレーターニキビ跡が出来てしまったら
2. 市 販化粧品を使ってニキビ跡は治せる?
3. ニキビ跡の治し方で一番必要なこととは?
4. 自宅でも出来るニキビ跡のケア方法
5. 最後の手段は皮膚科での治療?
6. クレーターニキビ跡とレーザー治療について

ニキビ跡 治し方 クレーター 市販

/クレーターニキビ跡が出来てしまったら/
 ニキビが出来て治った後に残るニキビ跡、凹んでクレーターのようになっているニキビ跡は、他の色素沈着などと比べても、よくしたり回復させるには時間がかかります。どうせと諦めて何もしないで放置するより、少しずつでも独自で出来ることは幾つかあります。まずは出来る事から始めていきましょう。凹んだニキビ跡をよくしていくには、まず保湿が何より重要です。凹みは水分が失われて弾力もなくなっていますので、まずは失われた水分を補給してあげましょう。市販されてる化粧水で問題ありませんので、特に洗顔の後は念入りにお肌へ塗りこんでください。みずみずしいお肌を作って維持出来れば、それだけ肌の回復機能のターンオーバーも進みやすくなります。

 

/市販化粧品を使ってニキビ跡は治せる?/
 お肌には本来、新しい肌細胞へ生まれ変わるターンオーバー(自然回復)の力が備わっています。ニキビが出来やすかったり、治りが遅いなと感じる時は、お肌の環境が悪化している為、ターンオーバーが進みにくくなっている証拠だとも言えます。その場合は、市販されてる化粧品での洗顔と保湿の普段のお手入れだけでなく、睡眠時間の確保や適度な運動など、体質面での改善も合わせて行ってください。ターンオーバーは睡眠中に最も強く働くとも言われています。睡眠不足には特別注意をしましょう。セルフケアの場合、回復が現れてくるまでどうしても時間がかかります。ですが、日々の丁寧なケアで、ターンオーバーによる回復を後押しすることは出来ます。地道に長く続けて行くことを心がけてください。


ニキビ跡 治し方 クレーター 方法

/ニキビ跡の治し方で一番必要なこととは?/
 一度出来てしまうと厄介なクレーターのニキビ跡ですが、少しも改善の手立てがないわけではありません。ここではお家でも出来る治し方について、ご紹介してみたいと思います。大きな凹みが出来てしまっている場合、それはニキビによるダメージが、肌の奥深くまで及んでしまっている状態です。絶対的に必要になるのが、まずお肌のターンオーバーですので、洗顔と、特に保湿は念入りに毎日続けながら、睡眠時間の確保と合わせて、お肌の回復を後押ししてください。日中は、特に紫外線にも注意をしましょう。水分が失われている状態のお肌では、より紫外線がのダメージが肌へ届きやすくもなります。セラミドを含んだ化粧品や乳液などで、保水力を高め、冬場は乾燥にも気を配ります

 

/自宅でも出来るニキビ跡のケア方法/
 上でお伝えしたケアの他に、プラスアルファで効果が期待できるケア方法についてご紹介してみます。保湿で保水力を高めるのが基本ですが、他にも、コラーゲンやビタミンCを含んだ美容液やクリームを使う方法があります。コラーゲンは、元々お肌でも普段作られていますが、お肌のハリや弾力を生む大切な働きがあります。またビタミンCには、紫外線などを受けて出来る、メラニンの発生を抑制するなどの他に、お肌のコラーゲン生成を助ける働きもあります。実際の使用を考える場合には、どんな効果が期待出来るか、口コミ情報などを調べてみるのも良いと思います。敏感肌や乾燥肌などで、お肌に合わない方も中にはいらっしゃいます。情報を見て、自分のお肌に合ったものを選んでいきましょう。

ニキビ跡 治し方 クレーター 皮膚科

/最後の手段は皮膚科での治療?/
 独自のケアでも改善が見込めないと感じる時、皮膚科病院や美容外科での治療を考える方も少なくありません。ここでは医療機関で治療を受ける場合についてをご紹介していきます。まずニキビ跡の治療については、基本的には、保険は適用されないと考えてください。その分、少し費用も高くなる傾向があります。皮膚科での治療では、主にピーリング治療(1万〜2万円程度)が代表的です。これは、お肌に溜まっている角質や皮脂の塊を、薬剤溶剤を使って溶かし出して除去する治療法です。お肌の環境を一度リセットして、自然回復しやすいお肌の状態を作ります。ニキビとニキビ跡が混在しているような場合には、皮膚科での治療がおすすめです。ニキビループの肌をストップさせて、それからニキビ跡の治療を進めていきます。

 

/クレーターニキビ跡とレーザー治療について/
 皮膚科の他にも、美容外科クリニックなどで受けれるのがレーザー治療です。色素沈着してしまったニキビ跡を消すのに多く用いられていますが、クレータータイプのニキビ跡にも有効な治療法です。レーザー治療の場合は、ニキビ跡が出ている肌細胞を、熱や光で焼き切るため、お肌には負荷がかかります。負荷を加えて、自然治癒力を高め引き出すのが狙いで、何度か通院を繰り返しながら、通院ごとにレーザー治療を受けるのが一般的です。施術後は、ダウンタイムと呼ばれる肌の落ち込み(赤みや腫れや痛み、かさぶたなど)の期間がありますので、どのような経過を辿るのか、かかる費用などについても、事前に確認をしておくことも大切です。

 

自宅での洗顔と保湿ケアもニキビ予防には大切です

↓ ↓ ↓ ↓