サイト内コンテンツ案内
1. 男性のニキビ跡の効果的な治し方とは?
2. 男性におすすめニキビケア専用化粧品
3. ニキビ跡のタイプ別の原因と対処法
4. 男性だからこそ必要なケアと治し方って?
5. ニキビ跡の治し方と洗顔保湿のやり方
6. 男性のニキビ・ニキビ跡予防のポイントまとめ

ニキビ跡 治し方 男 方法

/男性のニキビ跡の効果的な治し方とは?/
 ニキビだったりニキビ跡に悩む男性も、最近は増えてきて、メンズ化粧品も増え始めています。ここではまず、ニキビが出来る原因や対処法、正しい治し方を知ることから始めていきましょう。ニキビは、角質による毛穴の詰まりで、毛穴に詰まった皮脂などの塊にアクネ菌が繁殖し、炎症が進むことで出来ます。炎症が進むと赤味を帯びるので、赤ニキビとも呼ばれています。男性は男性ホルモンの影響で(テストステロン)、皮脂が出やすい面があり、汗をかいたままを放置することによって、お肌の乾燥を招くなどが原因として考えられます。ニキビ跡を消したり治していくにも、肌の乾燥や過剰な皮脂は妨げとなります。こまめなお手入れでお肌が回復しやすい環境を整えてあげることが、最初の大切なポイントです。

 

/男性におすすめニキビケア専用化粧品/
 ニキビ跡を治すのに、絶対的に必要になるのが、肌のターンオーバー(肌の生まれ変わり)です。元々お肌には、新しい肌細胞を作り生まれ変わっていく能力が備わっています。これはおよそ28日周期と言われていて、睡眠中に最も強く働きます。睡眠不足は直説お肌に影響も出ます。毎日の洗顔と保湿で、お肌の生まれ変わりが進みやすくなる状態を維持してあげる、これがニキビ跡ケアの基本です。ここでは、ニキビ跡のお肌でも安心して使えるニキビ跡ケア化粧品を、価格の安い順のランキングでご紹介しています。洗顔と保湿の詳しいやり方を紹介しているページもありますので、参考にしてみてください!

ニキビ跡 治し方 男 原因

/ニキビ跡のタイプ別の原因と対処法/
 ニキビ跡(痕)は、症状や見た目などの特徴で、タイプが幾つか分かれてもきます。代表的なのが、黒ずみや茶色いシミ斑点などの色素沈着タイプ、赤い色が残る赤みタイプ、男性では特に多く見られがちな凹みが残ったクレータータイプなどです。それぞれで、対処の仕方、治し方のアプローチが異なりますので、ニキビ跡を消す時は、それぞれの特徴をとらえて、かつ適切な治し方の方法を選ぶ必要もあります。
 まず色素沈着タイプについて。これは、炎症によって生まれたメラニン(黒い色素)が、肌表面に浮かび上がっている状態です。この場合は、上でもご紹介した、ターンオーバーを進めてあげることが一番の解決策です。その為に、毎日洗顔と保湿を念入りに行ってください。保湿は化粧水で、乾燥肌の方は化粧水を塗った後、乳液でお肌にフタをしてあげると効果的です。

 

/男性だからこそ必要なケアと治し方って?/
 続いて赤みタイプです。赤みの出ている場合は、まず炎症が治まっているか、まだ続いているかを判断します。ニキビが出来てから腫れが引いてたり、時間が経っているのであれば、毛細血管が傷つけられてうっ血した状態です。この場合は、放置すればやがて黒や茶色褐色へ変色(酸化作用)していきますので、それを食い止めます。具体的には、ビタミンCを含んだ美容液やクリーム(ビタミンCには抗酸化作用があります)、美白効果が期待出来るものを使用します。
 炎症が続いてる場合には、ニキビ治療薬を使って炎症を止めていきましょう。クレータータイプの場合は、完全に治すには他二つよりも時間がかかります。まず失われた水分を補給するため、保湿を徹底して行ってください。どのニキビ跡でも言えますが、男性の場合は特に、乾燥による皮脂の過剰分泌を抑えることがポイントになります。保湿は念入りに行いましょう。

ニキビ跡 治し方 男 赤み

/ニキビ跡の治し方と洗顔保湿のやり方/
 ここでは普段の洗顔と保湿の仕方について、お伝えしてみたいと思います。毎日のケアの基本にもなってきますので、チェックしてみてください。まず洗顔からですが、洗顔は泡立ちのいい洗顔料を使って泡洗顔するのが基本になります。まず手の平で泡を作ってから、泡で汚れを吸着させて落とすイメージで、包むように洗っていきます。この時、お肌をゴシゴシ強くはこすらず、マッサージするように洗ってください。
 続いて保湿について、これは洗顔後5分以内に行うようにします。化粧水を直接手で構いませんので、乾燥しやすい鼻、顎(あご)、口周り、目元部分から顔全体へと、まんべんなく塗り込むようにして下さい。治療薬を使う場合は夜寝る前に、この保湿をした後から塗ります。夜寝ている間はターンオーバーが進みますので、より回復効果が期待できます。

 

/男性のニキビ・ニキビ跡予防のポイントまとめ/
 ニキビもニキビ跡も、ケアで大切なのは、ニキビが出来る根本原因を知ってその元を断つことと、治っていく仕組みを正しく理解することです。若い頃は思春期ニキビで、おでこなどの皮脂が出やすい部分に出来てしまうことがありますが、大人になってからでも、生活習慣やストレスが原因で、突然出来てしまう大人ニキビがあります。運動不足や偏った食事なども、ニキビが出来てしまいやすい肌質を作ってしまう、要因のひとつになります。
 毎日のお肌のお手入れで、肌の異変にすぐ気付くことも大切です。早めに手を打ってしまえば、厄介な赤ニキビになる前の初期段階で防げますし、その後更に大変なニキビ跡に悩まされる心配もありません。ニキビが消えても安心はせず、毎日地道なニキビケアで予防することも心がけてください。