サイト内コンテンツ案内
1. 色素沈着が起こる原因とケア方法とは?
2. おすすめ色素沈着ニキビ跡ケア化粧品ランキング
3. ニキビ跡が消せるケアのやり方って?
4. 色素沈着タイプのニキビ跡の治し方
5. ニキビ跡はレーザー治療で治すもの?
6. 色素沈着の予防法とポイント

ニキビ跡 治し方 色素沈着 原因

/色素沈着が起こる原因とケア方法とは?/
 ニキビ跡によって出来る色素沈着は、ニキビが出来た時の、炎症によるダメージで生まれたメラニンが原因で起こります。メラニンは元々は、肌が紫外線を浴びた時などに、防御機能として発生しますが、日が経つと日焼け跡が薄くなってやがて消えていくのと同じで、顔に出来てしまった色素沈着も、きちんとしたお肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が進めば自然と目立たなくなっていきます。もしずっとなかなか消えないでいるとすれば、それはお肌のターンオーバーの働きが弱くなっているのかもしれません。色素沈着が出てる時の基本は、洗顔と保湿で、お肌のターンオーバーが進みやすい肌環境を作ってあげることです。そのためにも、毎日のスキンケアがとても大切になってきます。

 

/おすすめ色素沈着ニキビ跡ケア化粧品ランキング/
 お肌のターンオーバーは、約28日周期とも言われています。これは、夜寝ている間に最も働くので、睡眠不足や不規則な生活などは大敵です。またお肌の乾燥も要注意です。肌の乾燥は、余計な皮脂の分泌を招きやすくなるので、ニキビの始まりでもある、毛穴の詰まりを引き起こしやすくなります。乾燥を防いで、十分な睡眠を摂ることを心がけてください。こちらでは、毎日のニキビケアで使えて、特に色素沈着予防のケア化粧品を、価格の安い順ランキングでご紹介しています。ニキビが出来る原因と仕組みや、普段の洗顔と保湿の詳しいやり方を解説してるページもありますので、参考にしてみてください!

ニキビ跡 治し方 色素沈着 状態

/ニキビ跡が消せるケアのやり方って?/
 ニキビ跡には幾つかタイプがありますが、色素沈着は、ニキビが出来て治った後、特に注意しておきたいお肌トラブルのひとつです。ニキビが出来ていた場所が、黒ずんでいたり、茶色や褐色めいた色のシミや点が現れていたら、色素沈着が進んでいると思ってください。ニキビ跡の中には、赤みを帯びた状態の赤みタイプもありますが、これも放置してしまうと、やがて酸化が進んで、赤かった色が少しずつ褐色へと変化していきます。放置してしまうと同じような茶色いシミとなって残ってしまう可能性がありますから、見つけたらすぐに対処を進めましょう。赤みタイプの場合は、洗顔と保湿の他に、ビタミンCを含んだ美容液(ビタミンCには抗酸化作用があります)などを使う方法があります。

 

/色素沈着タイプのニキビ跡の治し方/
 一方で、既に褐色や黒ずみなどが現れてしまった場合には、絶対的に必要になるのがお肌のターンオーバーです。時々、シミやそばかすなどを除る為に、美白タイプの化粧品を選ぶ方もいらっしゃいますが、基本的にそれはおすすめ出来ません。理由は、美白効果のある化粧品は、あくまで、新たなメラニンの発生を予防したり抑制したりすることがメインで、既に出来てしまっている黒ずみに対しては、効果が期待できないからです。色素沈着状態のものを、お肌から消していくには、洗顔と保湿を毎日繰り返しながら、ターンオーバー(28日周期)を進めることが一番の治療法になります。少し時間はかかりますが、地道に焦らず続けていけば、一ヶ月〜三ヶ月ほどで、目立たなくなってくるのを確認出来ると思います。

ニキビ跡 治し方 色素沈着 レーザー

/ニキビ跡はレーザー治療で治すもの?/
 赤みを帯びたニキビ跡が顔のあちこちに点在していたり、凹凸のあるクレーターのようなニキビ跡に悩んでいるなら、美容外科やクリニックのレーザー治療を受けるのも、治し方のひとつです。レーザーで黒色や茶色のシミを消して行く場合、色が浮かび上がってしまってる肌細胞の部分を、光や熱で焼き切ることになります。その為、施術後には小さいかさぶたが出来ることもあります。ただ、そのかさぶたが取れれば、新しいお肌に変わり始めて、段々と色も目立たなくなって回復が進んでいきます。レーザー治療は、数回の通院を繰り返しながら、通院の都度、レーザー照射をしてもらうのが一般的ですので、費用もそれなりに高くなる傾向があります。もし利用を考える場合には、費用や効果、また施術跡はお肌がどんな回復の経過をたどるかも、しっかりと確認してください。

 

/色素沈着の予防法とポイント/
 一度出来てしまうと、なかなか消して行くにも時間がかかる色素沈着ですが、ニキビ跡の種類を知って、それぞれに適したケアや方法を選んで、進行を早いうちに食い止めてしまうのが秘訣です。もっと言えば、ニキビを初期段階の白ニキビや黒ニキビの内に治してしまう、更にもっと前、毛穴の詰まり自体を防いでしまえば、ニキビ跡で悩むことも少なくなります。角質が毛穴を塞ぐことで毛穴は詰まるので、お肌の乾燥を普段から防いで、余分な皮脂を出させない、栄養バランスの取れた食事や十分な睡眠で、お肌の調子を普段から整えておくなども、直接的な予防法になります。ニキビ跡が顔に出ている時には、毎日の洗顔と保湿のケアを続けて、お肌の回復がよく進むような環境を作ってあげつつ、新しいニキビが出来ないようにも、気を配りましょう。